荒川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(荒川区)―

深井 克彦 院長/ふかい歯科・矯正歯科(日暮里駅・歯科)の院長紹介ページ

深井 克彦 院長

KATSUHIKO FUKAI

口の中だけでなく全身との関わりを重視。日常習慣を見直すことから治療をスタート。

日本大学歯学部を卒業後、同大学院で歯科矯正を専攻。大学病院での勤務を経て、日暮里駅近くに開業。

深井 克彦 院長

深井 克彦 院長

ふかい歯科・矯正歯科

荒川区/東日暮里/日暮里駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科

歯科医師である父に憧れ、同じ道へ。

深井 克彦 院長

医療人として頼りにされている、父の姿を見てきたからでしょうか。父は、荒川で40年以上歯科医院をやっていました。歯科医師としてはもちろん、医療に携わることで、誰かのためになるということを教えてもらったような気がします。特に印象に残っているのが、小学校の低学年のころ、正月に越後湯沢にスキーに行った時のエピソードです。宿の親族の方が寝込んでいて、歯科医師である父に様態を診てほしいと、頼んできたことがありました。そのとき、父は快く引き受け、様態を診ていました。子ども心に、そのカッコいい姿が焼きつきましたね。何より、専門の「歯」の分野以外でも、診ることができたことに驚きと尊敬の念を抱きました。忙しい父でしたが、自分は全くスキーをやらないにもかかわらず、私たちのために連れて行ってくれたことも嬉しかったですね。私も歯科医師となり同じ地域に開業してみて、地域の先輩の先生方から父に関する話を聞くにつれて父の頑張りや痛感しました。その一方で、「歯科医になりたいなら勉強をしっかりするように」というプレッシャーもありましたよ(笑)

研鑽を重ねた勤務医時代。

深井 克彦 院長

日本大学の歯学部を卒業し、同大学の大学院で歯科矯正を専攻し、学んでいました。大学病院での勤務時には、いろいろなことを吸収しました。それが今の私につながっています。ただ、その間大変だったこともありました。「教授にOKをもらうことの大変さ」を学びました(笑)今では笑い話ですが、当時は、教授に承諾をもらうときはドキドキしましたね。「今日はダメだったよ」なんてこともしばしば。ただ、歯科医院を運営していく上で、技術はもちろんのこと、スタッフとのコミュニケーションも非常に大切ですから、そのときのことを心に留めておくようにしています。その後、平成5年に 日本大学歯科病院を退職し、同じ年の12月 『ふかい歯科・矯正歯科』を JR・京成 日暮里駅から徒歩5分の当地に開院しました。開院のタイミングは、自分のやりたい方針で治療をしたいという想いが高まったのと、結婚したことなどが重なったこの時期だと思い、決断しました。

新素材の導入やPMTCに積極的に取り組む。

深井 克彦 院長

当院では、歯科・矯正歯科・ホワイトニングなどを行っています。子どもさんが遊ぶスペースもありますから、小さいお子さんがいらっしゃる方も、安心してご来院ください。診察の際は、口の中を撮った写真を見ながら説明します。お口の中や歯をクローズアップした画像を、目の前のディスプレイで見ることができるので、歯がいまどんな状態にあるかを、なんとなくではなく、しっかり理解することができます。また、注目を集めている新素材が「ウェルデンツ」です。従来のものより軽い素材なので、フィット感が高くなります。入れ歯を入れている方で、違和感や口臭を気になさっている方には特におすすめです。また、予防歯科にも力を入れています。毎日の歯みがきはとても大切ですが、どうしてもみがき残しがでてしまうもの。これが虫歯の原因となります。予防歯科に効果的なのが「PMTC」です。「PMTC」は、プロフェッショナルクリーニングの事で、専門家が行うことで痛みもなく効果的に、茶シブやタバコなどの色素が沈着した歯の表面の汚れを落とし、歯を白く、きれいにします。さらに、歯の表面へのカルシウム補給を助けることで、汚れをつきにくくします。お口の状態がよい方の場合3、4ヶ月に一度で構わないので、さほど負担にはならないのではないでしょうか。

お口の幸せを通じ、人々の「心」を豊かにしたい!

院のポリシーである、お口の幸せを通じ、人々の「心」を豊かにしたい!との想いを持ち、日々の診療にあたっています。患者のみなさんが、どうやったら満足してくださるかを常にさぐりつつ、高品質な医療サービスを提供したいですね。「初診」のカウンセリングも丁寧に行いますので、痛みのご相談などは遠慮なくお話ししてほしいです。また、矯正治療では、「全身機能に対するアプローチ」がとても大切。これを徹底し、低年齢時における「鼻炎・アレルギー」の改善、「呼吸・咀嚼・姿勢」の矯正、「あご・顔面」の成長の達成などを実現することができます。例えば、かみ合わせが悪い、という患者さんに対して、歯だけを治療するのではなく、姿勢から見直すようにしています。ストレッチボードを使って姿勢を矯正することも行います。そうなった原因があるはずなので、それが習慣である場合、根本を解決しなければ、同じことの繰り返しになってしまいます。口腔内の治療だからといってそこだけを診るのではなく、全身的な体調や特徴を把握した上で歯科治療をしなければなりません。その方が信頼性の高い治療結果になるんですよ。このように、口の中だけでなく全身との関わりの中で治療する態度が必要になります。

これから受診される患者さんへ。

私は、全身とかみ合わせという関わりを早くから歯科治療に取り入れており、全身の筋肉のバランスや体の動かし方など、日常習慣を見直すことから治療を始めています。歯医者さんとは「なんとなく苦手」と思われてしまいがちですが、当院の場合はそうではありません。患者さんとのコミュニケーションを大切にすることで、患者様が安心して下さるようにこころがけているので、ぜひお気軽にお越しください。どんな些細なことでも構わないので、まずはご相談を。みなさんが、歯について関心を持って下さるように、サポートをしっかりしていきたいと思っています。

※上記記事は2014年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

深井 克彦 院長 MEMO

  • 生年月日:1961年8月26日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 趣味・特技:温泉めぐり
  • 愛読書・本:松下幸之助氏の著書、中村天風氏の著書
  • 好きな映画:ブルース・リーの映画
  • 好きな言葉・座右の銘:心の持ち方一つが結局人生の運命を決定する。(中村天風氏の言葉)
  • 好きな音楽・アーティスト:ロックからクラシックまで幅広く
  • 好きな場所・観光地:温泉(浅草の「蛇骨湯」が特に好きです)

グラフで見る『深井 克彦 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声