荒川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(荒川区)―

佐々木 仁 院長/じんデンタルクリニック(日暮里駅・歯科)の院長紹介ページ

佐々木 仁 院長

JIN SASAKI

自分の家族にしてあげたい治療を提供し
患者さんの笑顔があふれる歯科クリニックに

明海大学歯学部を卒業後、都内の歯科医院で経験を重ねるほか、米・ニューヨーク大学のインプラント矯正CDEプログラムを修了。2008年、「日暮里駅」そばに開業。

佐々木 仁 院長

佐々木 仁 院長

じんデンタルクリニック

荒川区/東日暮里/日暮里駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

患者さんのあらゆるニーズに応えるため、幅広く研鑽を積む

佐々木 仁 院長

私は小学生のころに矯正治療を受けた経験があるのですが、そのときに「歯」に対する興味が芽生えた、という感じがします。小学校の卒業アルバムには「将来は歯医者さんになる」と書いていましたし、当時の思いをそのままに高校卒業後は明海大学の歯学部に進学しました。
大学卒業後は、都心の銀座や品川にある歯科医院で診療するほか、セミナーや研修プログラムなどにも積極的に参加。虫歯の治療はもちろん、インプラントや矯正治療、顎関節症なども幅広く診られるようにしたいと思い、自己研鑽を続けてきました。そうした経験をふまえて『じんデンタルクリニック』を開設したのが2008年でしたから、診療をスタートして今年でちょうど10年になりますね(笑)。近隣にお住いの子供たちやそのご家族を中心に、私が日本口腔インプラント学会の専門医であることを調べてお越しになる患者さんなど、嬉しいことにたくさんの方々に足を運んでいただいています。

患者さんの笑顔があふれる、地域密着型の歯科クリニック

佐々木 仁 院長

ひと昔前の歯医者さんと言えば、院内にクラシックの音楽が流れ、時々「キーン」と治療音が響いてくる、というイメージでしたよね(笑)。私はそうした古いイメージを変えて、歯医者さんらしくないクリニックをつくりたいと思いました。と言いましても、実際に壁紙やインテリアを選ぶ作業は、副院長であり妻である宏枝先生など女性陣にお願いしましたけれど(笑)。歯科医院らしくない明るい雰囲気や子供たちのためのキッズルームなどは、地域のみなさまにご好評をいただいています。
『じんデンタルクリニック』の特長は、たくさんの患者さんの笑顔があふれていて、治療している時間よりも話をしている時間の方が長い、ということになるでしょうか(笑)。診療時間中はクリニックの前に自転車がズラッと並ぶ感じになるものですから、あえて駅前にクリニックを構えなくて良かったのかも知れません。「ここに来れば何とかしてくれるから」と、私たちを頼りにしてくださる患者さんの期待にお応えするため、近々診療ユニットをもう1台導入して、少しでも快適に受診していただけるようにする予定でいます。

自分の家族にしてあげたい治療を、患者さんにもご提供したい

佐々木 仁 院長

当院では、院長である私と副院長の宏枝先生をはじめ、合計7名の歯科衛生士が在籍して、みなさまのお口の健康をサポートしています。初診でいらした患者さんの場合は、いきなり診察台にお座りいただくのではなく、専門のカウンセラーが受診の目的や治療のご希望などを丁寧にヒアリングした後、私たち歯科医師がお口の中を拝見します。一方で、メインテナンスについては歯科衛生士が担当しますので、私は患者さんお1人お1人の治療に専念できるわけですね。そして私は、「自分の家族にしてあげたいと思える治療」を来院されるすべての患者さんにご提供したいと思っています。
まず1つは、「ここでは治せません」とお断りすることはしたくないと思います。そのためにも、インプラントや矯正治療など幅広く経験してきましたし、3Dの立体画像を撮影できるCT装置など高品位な医療機器を導入して正確な診査・診断に役立てています。また、患者さんやご家族、ここで働くスタッフの健康を守るためにも、院内感染予防を徹底しています。院内には特殊な空気清浄機を備えているほか、治療に使用する器具類はすべて患者さんごとに滅菌処理をほどこします。もちろん、痛みのない治療というのも心がけていることで、「ここの麻酔は痛くないから」と、患者さんの方から「麻酔してください」とおっしゃることも多いんですよ(笑)。

楽しみながら通える仕組みをつくり、予防の大切さを伝えていく

来院される患者さんの年齢をみますと、子供たちが6割ほど、その保護者にあたる世代の方が4割ほど、という感じになるでしょうか。ご自分のお子さんが通われたことをきっかけに、2世代、3世代と、家族ぐるみでお付き合いさせていただくケースも少なくありませんし、通い慣れたお子さんの中には、診察券を出す前にキッズルームに向かって駆け出す子もいるんですよ(笑)。
当院では、治療を頑張った子供にちょっとしたプレゼントをご用意しているほか、夏と冬、年に2回のイベントを通して、ご家族みなさんにお口の健康に興味を持っていただけるような働きかけをしています。今の子供たちは虫歯などのトラブルが少なくなっていますので、今後の歯科医療では「治療」よりも「予防」が中心になっていくでしょう。毎日ご自宅でしっかりと歯磨きをしてもらい、セルフケアで足りない部分を私たちがサポートする。そんな風に関わりながら、お口の健康を見守っていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『じんデンタルクリニック』は、「日暮里駅」東口から歩いて5分ほどの場所にあります。患者様の思いに耳をかたむけるということを大切に、お子様から高齢者の方まで幅広い年齢層の方に通っていただいております。都内には歯科医院がたくさんありますが、日本口腔インプラント学会専門医が診療するクリニックは非常に少ないのが現状です。もしもお困りのことがございましたら、お気軽にご相談いただきたいと思います。そしてもちろんインプラン治療に限らず子供から大人までの矯正治療や、ご自分の健康を維持するという意味からも、お口の中を定期的なチェックもお気軽にご相談いただけたらと思います。

※上記記事は2018年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

佐々木 仁 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:サッカー
  • 好きな本:7つの習慣
  • 好きな映画:コードブルー
  • 好きな場所や観光地:グアム、ハワイ
  • 好きな言葉や座右の銘:為せば成る

グラフで見る『佐々木 仁 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート