荒川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(荒川区)―

角 譲 院長/すみ歯科クリニック(南千住駅・歯科)の院長紹介ページ

角 譲 院長

YUZURU SUMI

「歯」は大切な身体の一部だから。
虫歯にならない予防歯科と極力抜かない治療を目指して

東京歯科大学を卒業後、角歯科医院、江口歯科にて診療従事。2004年にすみ歯科クリニックを開院。

角 譲 院長

角 譲 院長

すみ歯科クリニック

荒川区/南千住/南千住駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科

歯医者である父の生き方に影響を受けて自らも医療の道へ

角 譲 院長

歯医者になろうと思ったのは父の影響がとても強いんです。島根県で代々歯医者をしており、父が3代目でした。今は兄が4代目として跡を継いでいます。田舎の医院ですので近所づきあいも多かったのですが、父はとても相手のことを思いやり大切にしていました。周りの人や患者さんからも、とても慕われていたんです。それから「先生は欲がねぇなぁ」などと患者さんに言われてしまうほど、お金に欲のない人でもありでした。儲けよりも「患者さんのために何かやってあげたい」という気持ちが強い人だった、という印象は今でも強く残っています。それに父からはお金の話を聞いたことがありません。それがいいのか悪いのかはわかりませんし、ビジネスとして考えたら場合にどうなのか、と思うこともありますが、それでも子供心に父のことはとても誇らしいと感じていました。そんな父の姿を見ていたからか、中学生の事には私も医療の道に進みたい、と思うようになっていたんです。歯科医になって様々な経験を積みましたが、やはり幼い頃に見ていた父の姿、父の患者さんに対する想い、というのが私の中に強く残っていました。そんな想いを受け継いで、私自身も患者さんのために精一杯のことがしてあげられるような医院を作りたいと思い、開業をいたしました。

待合スペースから診察室、医療機器まで患者さんを一番に考えて

角 譲 院長

患者さんにとって一番良い環境になるように工夫を凝らしています。まず待合スペースは、温かみのある淡いオレンジを基調としました。患者さんにはゆったり落ち着いてお待ちいただきたいですからね。小さいお子さま向けにキッズスペースを用意しているので、オモチャで遊びながらお待ちいただくこともできます。またお父さま、お母さまが治療を受けられる際には、お子さまは別室でアニメなどのDVDを見ながらお待ちいただくこともできるんですよ。待合室だけではなく、治療スペースも広くとっています。私自身狭いところで治療するのは圧迫感を感じて嫌ですからね。患者さんにも広くてリラックスできる空間で治療を受けていただきたいな、と思っています。患者さんに口の中の状態を説明するときには、画像や動画でご覧いただけるようにしています。口で説明するだけでは、患者さんもイメージしづらいと思うんです。映像でお見せすることで、患者さんの頭の中にも入っていきやすいですからね。デジタルのレントゲンやマイクロスコープなどの機器も充実しています。今後はCTも導入予定なんですよ。

「食事が美味しくなった」と喜んでいただけるように最善を尽くす

角 譲 院長

当院では幅広い層の患者さんにお越しいただいています。平日の午前中は年配の方、午後になるとお子さまやそのお母さま、夕方以降になると学生さん。土曜日はサラリーマンの方も多く来られますね。患者さんが望む治療はどんなことでもオールマイティに行いたいと考えています。虫歯や歯周病といった一般歯科以外の矯正や外科的な治療も積極的に行っているんですよ。治療方針としては、極力患者さんの歯や神経を残すようにしたいと思っています。この考え方は父の影響が強いかもしれません。父自身、グラグラになってしまっている歯も抜かずに大事に残していたんですよね。なぜ抜かずに残しているのかと聞くと「だって、寂しいじゃん」と(笑)。患者さんに治療をする立場であっても、自分の歯になると歯を抜くのは寂しいと感じてしまうんですね。ですから患者さんの歯でも可能な限りは残したいな、と思っています。とはいえ、抜かなければいけない場合はもちろん抜きますし、患者さん自身も「その治療はいやだ」など希望がある場合は是非はっきりとおっしゃってくださいね。治療することで、患者さんがしっかりとご飯を噛めるようになり、「ご飯がおいしくなった」「食事するのが楽しくなった」と喜んでいただくことが私の喜びでもあります。

予防歯科は患者さんのライフスタイルに合わせた目標を設定

当院では予防歯科にも力を入れています。虫歯にならないような環境をつくるのはとても大切ですからね。ただ、その予防の取り組み方に関しては、患者さんよって異なるんですよね。食生活の見直し、食後と就寝前の歯磨き、そしてその患者さんごとに合ったブラッシングの徹底。この3つを行なえば、口の中の環境は確実に良くなっていきます。ですが、それぞれのライフスタイルがありますので、全てをきっちり守ってください、とお伝えしても難しいとおっしゃる方も多いんですよね。目標を高く設定しすぎて患者さんが無理だ、と諦めてしまわないような工夫をするようにしています。例えば、全てを完璧にするのは難しくても、「できる範囲内で少しずつ積み重ねていきましょう」とか、患者さんと一緒に目標を設定して、「少しずつステップアップしていきましょうね」などとお話させていただいています。実際には衛生士が患者さんとしっかり向き合ってくれているのですが、患者さんに虫歯にならないように努力していただかないと達成できないことですので、「大切な歯を守るためのモチベーションをあげてもらうためにはどうしたらいいのか」ということを常に考えながら衛生士と連携をとっています。

これから受診される患者さんへ

当院では、なるべく削らない、神経や歯を抜かないことを大切に考えて治療しています。一人ひとりの患者さんに対して丁寧に診察・治療をしている分、なかなか予約がとれなかったり、お待ちいただいたりすることがあるかもしれません。自分の身体の一部である「歯」を大切に感じていただけるよう、一生懸命治療方法を考え最善を尽くしたいと思っています。是非お気軽にご相談ください。

※上記記事は2017年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

角 譲 院長 MEMO

  • 出身地:島根県出雲市大社町
  • 趣味:バイク ゴルフ
  • 好きな本:小説
  • 好きな観光地:国内の温泉地
  • 好きな映画:戦争 アクション
  • 好きな音楽:昔のフォーク

グラフで見る『角 譲 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート