荒川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(荒川区)―

白鳥 雅之 副院長/白鳥矯正歯科医院(南千住駅・歯科)の院長紹介ページ

白鳥 雅之 副院長

MASAYUKI SHIRATORI

下町らしい「あたたかさ」を大切に
お1人お1人にベストな治療を提供する

神奈川歯科大学を卒業後、日本歯科大学での研修を経て、都内の歯科医院で診療をスタート。2013年より『白鳥矯正歯科医院』で診療するようになり、地域住民のお口の健康をサポートしている。

白鳥 雅之 副院長

白鳥 雅之 副院長

白鳥矯正歯科医院

荒川区/南千住/南千住駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

開業から3代続く、地域に根差した歯科医院

白鳥 雅之 副院長

『白鳥矯正歯科医院』は私の祖父が開設し、父が2代目、私で3代目になります。私は、両親がともに歯科医師という家庭に生まれ育ち、小さな頃から「自分もいつか歯医者さんになるんだろうな」という気持ちでいました。大学を卒業して研修を終えた後は江戸川区にある歯科医院でお世話になり、この診療所に戻りましたのは、私が26歳のときでした。
父の代からの診療所を建て替えたのは2016年、長くお付き合いが続く患者さんがご高齢になって、車いすをお使いの方が増えてきたことも1つの理由でした。リニューアルにあたっては、家族の中で意見を出し合って(笑)、地域のみなさまが気軽に集えるような場所にしようと決めました。新しい建物は、前の通りから入り口までスロープを設置したほか、院内も段差のないバリアフリー設計になっています。また、4つの診察台はすべて個室スタイルになっていますので、小さなお子さんをお連れの方、車いすやベビーカーをお使いの方にも安心してご来院いただきたいと思います。

患者さんとのコミュニケーションを大切に、家族ぐるみのお付き合いを

白鳥 雅之 副院長

来院される患者さんは近隣にお住いの方が中心で、この地域に古くから住まいを構えていらっしゃる方、新しいマンションにお住まいのファミリー世帯など、年齢も性別もさまざまです。下は生後間もない赤ちゃんから、上は90歳を超えたご高齢の患者さんまで、2世代、3世代のお付き合いというケースも少なくありません。患者さんの中には、祖父や父と同級生という方や、私の子供時代をご存知の方もいらっしゃるんですよ(笑)。
当院に信頼を寄せてくださる患者さんに向けて、私たちがご提供するのは、自分が受けたい治療、家族にしてあげたいと思える治療です。目の前にいる患者さんが、もしも自分だったら? 家族だったら? という視点で考えてみれば、するべきことが明確になるもの。院内の衛生管理を徹底して、安心・安全な環境をご提供するのはもちろん、患者さんとの対話を大切にしながら、お悩みを解決できるように力を尽くします。そして何よりも、下町らしい「あたたかさ」が感じられるような診療をしていきたいと思っています。

虫歯・歯周病治療から矯正歯科、入れ歯など、あらゆるニーズに対応する

白鳥 雅之 副院長

『白鳥矯正歯科医院』では名前のとおり、矯正歯科を専門とする院長以下、男女複数の歯科医師が、患者さんのあらゆるお悩みに対応しています。父と母の専門分野は矯正歯科になりますが、私はお口のトラブルを幅広く診療するオールラウンダーという感じでしょうか。虫歯や歯周病の治療をはじめ、子供の虫歯予防や矯正のご相談、入れ歯のお悩みのほか、定期検診や妊婦検診などを通して、地域のみなさまのお口の健康をしっかりとサポートしたいと考えています。
私は、近隣の小学校や保育園で歯科検診を担当することがあるのですが、最近の子供たちは本当に虫歯が少なくなりました。これは、保護者の方々の予防意識の高まりというのが大きいと思うのですが、当院にも親子そろって予防目的で通ってくださる患者さんが多くいらっしゃいます。将来的な虫歯リスクを抑えるため、定期的に子供たちのお口の中をチェックしていると、歯並びや噛み合わせの乱れに気づくことができるんですね。幸い当院には矯正歯科の専門医がおりますので、指しゃぶりなどの悪癖を治すようにアドバイスをさし上げたり、生活習慣の改善をご指導することで、お口の中の状態が好転するケースも多くみられます。子供に限らず、大人の矯正治療も、「装置を付けている時間をできるだけ短く」というのが当院の診療スタンス。もしも気になることがありましたら、お気軽にご相談いただきたいと思います。

地域の「かかりつけ医」として、お1人お1人にベストな治療を

この医院に足を運んでくださる患者さんは、お口の中に何らかのトラブルがあってお越しになるわけです。たしかに歯科治療には、「この症状には、この治療法」といったガイドラインのようなものがありますけれど、どなたにも同じ治療をすれば良いというものでもありません。患者さんはそれぞれに、お仕事があったり、ご事情があるわけですから、治療に対するご希望を伺って、その中でできる限りの治療ができるように力を尽くします。1回の来院ごとに集中的に治療するのか、短時間の治療を何度か続けるのか、患者さんとご相談しながら、その方にとって一番よい治療法をご一緒に考えていきたいと思います。
こうして、患者さんお1人お1人とゆっくり向き合うことができるのも、地域の中の「かかりつけ医」ならではのことではないでしょうか。もちろん、より専門的な医療が必要な場合には、設備が整った大学病院などへご紹介することになりますが、幸いにも歯科医師である妻が大学病院に在籍しており、スムーズな病診連携が可能です。地域のみなさまがお口のことでお困りのとき、最初にご相談いただける場所、それが『白鳥矯正歯科医院』であれば嬉しいですね。

これから受診される患者さんへ

『白鳥矯正歯科医院』は、「南千住駅」西口から徒歩1分の場所にあります。私自身も経験があるのですが、大きな病院を受診すると、どことなくクールな印象を受けることがあるんですよね。一方、当院の強みは下町らしいあたたかさ、敷居の低さではないでしょうか(笑)。急なお口のトラブルや歯並びのお悩みはもちろん、荒川区の歯科検診などにも対応しておりますので、何か気になる症状がありましたら、気軽に足を運んでいただきたいと思います。

※上記記事は2018年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

白鳥 雅之 副院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:テニス
  • 好きな本・愛読書:ミステリー小説
  • 好きな映画:グレイテスト・ショーマン
  • 好きな言葉・座右の銘:感謝
  • 好きな音楽・アーティスト:米津玄師
  • 好きな場所・観光地:北海道

グラフで見る『白鳥 雅之 副院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート