荒川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(荒川区)―

當間 和弘 院長/とうま歯科医院(南千住駅・歯科)の院長紹介ページ

當間 和弘 院長

KAZUHIRO TOMA

大正7年創業の歴史ある歯科医院。これまでも、そしてこれからも地域の人達とともに

日本大学歯学部卒業。同大学大学院歯学研究科を修了。大正7年(1918年)より続く『とうま歯科医院』を父より継承(JR常磐線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス「南千住駅」より徒歩5分)し、現在に到る。

當間 和弘 院長

當間 和弘 院長

とうま歯科医院

荒川区/南千住/南千住駅

  • ●歯科

開院から百年。地域とともに歩み続ける歯科医院

當間 和弘 院長

『とうま歯科医院』は大正7年(1918年)に開設され、今年でちょうど100周年を迎えたことになります。患者さんの中には私の小さいころを知っている方もいらっしゃいますし、中には、祖父、父、そして私と、親子三代で見続けているという方もおられます。
幼いころから親の仕事を見て育ったものですから、誰に言われることもなくこの道を自然に選んでいました。祖父や父が続けてきた地域診療という形を重視し、これからも地域を見守り続けていけたらと考えています。

地域の歯科医師として、長く健康を見守っていきたい

當間 和弘 院長

ホームドクターとして、長く見続けていきたいと思っています。1本の歯に着目するだけに終わらず、お口全体を診ていきながら、今後10年、20年、30年と快適に過ごしていただける方法を考えるのが私たちの役割です。
ご自分の歯で出来るだけ長く、と考えるならば、メンテナンスが重要になります。当院では歯科衛生士をおかず、スケーリングから何からすべてを私が担当しています。日々の経過というものがあります。1週間、1ヶ月、1年とお口の環境は常に変わっていきますから、メンテナンスの機会を通じ、歯科医師自らが状態を把握しておくのは非常に大切だと思っています。それこそが、ホームドクターのやるべきことではないでしょうか。

こだわりを持ち続けることが、診療のレベルの維持・向上につながる

當間 和弘 院長

私は大学では補綴科に籍を置き、クラウンブリッジを専門に勉強してきました。補綴物というものはいかにフィットしているかが重要です。ですから、これは当然と言えば当然のことなのですけれど、形取り1つから決して手を抜くようなことはせず、そこに一手間加えて、長く使っていただけるような質のものを提供したいと思っています。
細部にこだわるというのは、これは性分ですよね。なにより、そうしないことには、自分としても居心地が悪いものですから(笑)。当院には、お付き合いのある歯科技工士さんが患者さんとしても来院されています。補てつを専門にするものとして、彼らに笑われてしまうようなものは出したくはありませんし、その逆に、彼らに認められるようなものをつくり続けることが、私にとってのやりがいになっています。

患者さんと一緒に治療を進めていく意識が大切

小さなお子さんを対象に、あごの発達を促すツールとして床矯正を扱っています。ただ、必ずしもそれにこだわることはありません。患者さんの状態やご希望に合わせて提案させていただくことはありますが、私のスキル以上のものと判断した場合には、遅滞なく、矯正専門の先生にご紹介することもしています。
これはどの治療にも共通することですが、私が良いと思ったからといって、それを無理に押し付けるようなことはしたくないのです。充分に説明をおこなった上で、「これがいい」ではなく、その人にとってより良い方法を一緒に考えていきたいですね。

これから受診される患者さんへ

今では当たり前のことになりましたが、荒川区では都内でも早くからお子さんの無料検診をおこなってきました。フッ素塗布も含め、お子さんの口腔環境の整備については、積極的におこなってきた区だと思っています。
地域密着型を標榜するからには、自分のクリニックの枠を飛び出して活動することが求められるでしょう。歯科医師会の活動とはまさにそういうもので、地域医療の更なる向上へとつなげるべく、これからの次代を担う若い先生方にも賛同していただけたらと思っています。
地域の皆様も、歯を長く使っていくために、無料検診等の機会を有効に活用ください。区内にお住まいの方であれば、歯科医師会在籍の医院で検診を受けることは可能ですので、気軽に足を運んでいただきたいですね。

※上記記事は2018年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

當間 和弘 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:テニス
  • 好きな作家:池波正太郎
  • 好きな映画:アドベンチャー
  • 座右の銘:初診忘れるべからず
  • 好きな場所:温泉

グラフで見る『當間 和弘 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート