荒川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(荒川区)―

久富 輔 院長/久富整形外科クリニック(日暮里駅・整形外科)の院長紹介ページ

久富 輔 院長

TASUKU HISATOMI

骨粗しょう症から、リハビリテーションまで
1人1人にベストな医療を提供する

東京慈恵会医科大学を卒業後、研修を経て、附属病院の整形外科へ。大学病院や総合病院で経験を重ね、三島中央病院の整形外科部長を経験した後、地元・日暮里に開業。

久富 輔 院長

久富 輔 院長

久富整形外科クリニック

荒川区/東日暮里/日暮里駅

  • ●整形外科
  • ●リハビリテーション科

整形外科を専門に経験を重ね、父の診療所を引き継ぐ

久富 輔 院長

『久富整形外科クリニック』が建つ場所には以前、私の父が開設した整形外科医院がありました。しかし、ひと足先に兄が医師になったことで、私はとくに家を継ぐ必要はないかな、と考えてました。私自身、はじめは医師になろうという気持ちはなくて、附属の高校からそのまま明治大学に進みました。ちょうどその頃から父が体調を崩すようになって、私の心にも変化がでてきました。「やっぱり医者になる」などと言ったら、きっと家族に反対されるだろうと思っていたのですが、意外とすんなり受け入れてもらえました。もう一度受験をして東京慈恵会医科大学に入学し、整形外科を専門に学びました。
このクリニックを開設するまでは、大学病院や総合病院で診療していました。そして、父が亡くなった後、医院を引き継いでくださった先生がお辞めになるということで、地元に帰る事になったのです。2015年に施設を全面的にリニューアルして、『久富整形外科クリニック』として新たなスタートを切りました。

リハビリテーション室を併設した、地域密着型クリニック

久富 輔 院長

来院される患者さんは地域にお住いの方が中心で、整形外科と言うこともあって、やはりご高齢の方が中心という感じです。年齢を重ねるなかで、足や腰などの関節に痛みが出たり、運動機能の衰えなどを訴える方が多くいらっしゃいます。医院をリニューアルにするにあたって、バリアフリーにこだわったのはもちろんですが、リハビリテーション室を設けており、患者さんお1人お1人に最適な治療法をご提案出来たらお思っております。
当院では、今ある痛みを早く取り去るということを基本にしながら、つらい痛みを繰り返さないように、さまざまな角度からサポートしたいと考えています。ただ症状を和らげるだけでなく、痛みが出ない体づくりをお手伝いしていきたいですね。

骨密度測定装置を導入して、骨粗しょう症の診断・治療にも力を注ぐ

久富 輔 院長

現在積極的に携わっているのが「骨粗しょう症」の診断・治療で、『久富整形外科クリニック』を開設するにあたっては、腰椎と大腿骨で骨密度が測定できる「骨密度装置」を導入しました。骨粗しょう症は、これといった自覚症状がないままに進行するのが特徴です。そして、日本国内では「要治療」のレベルだというのに、適切な治療を受けておられない方が多いのが現状です。
また、持病で内服している薬の種類によっては、若い世代の方でも骨粗しょう症を発症するリスクがありますので、定期的な検査を受けられるようおすすめしたいですね。骨がもろくなるのは、「カルシウム不足」と考える方も多いと思いますが、破骨細胞(骨を壊す細胞)と骨芽細胞(骨を作る細胞)のバランスが崩れるのが原因である事が多いです。適切にお薬を使うことで、症状を改善したり、骨を強くすることができますので、ぜひご相談いただきたいと思います。

見落としのない診察を心がけ、1人1人にベストな医療を提供する

勤務医時代は、毎日のように手術を担当していましたけれど、このクリニックでは限られた手術しかおこなうことができません。それでも、他院へご紹介した患者さんが「良くなりました」と元気な顔を見せてくださるときは安心しますし、医師として本当に嬉しく思います。
私が医師になってからこれまで、痛みに苦しむ患者さんを数多く診療してきましたが、同じように感じる「痛み」であっても、その原因はさまざまです。関節の痛みであったり、神経痛であったり、稀にではありますが、レントゲンではわかりづらい腫瘍が原因って事もあります。私は、地域のみなさまの「かかりつけ医」として、小さな異変を見逃さないことを常に心に留め、お1人お1人を最善の医療につなげていきたいと思っております。

これから受診される患者さんへ

『久富整形外科クリニック』は「日暮里駅」から徒歩約8分、「三河島駅」からも徒歩圏内の場所にあります。また、クリニックには1台分の駐車スペースをご用意しております。ここ東日暮里は、昔ながらの下町らしさが残るエリアです。一緒に働いているスタッフもみんな明るいですし、来院される患者さんたちと、いつも楽しく仕事している感じですね。これからも、来院しやすいアットホームな雰囲気を大切にしながら、患者さんに寄り添って診療していきたいと思います。

※上記記事は2017年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

久富 輔 院長 MEMO

整形外科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:格闘技
  • 好きな言葉:「元気があれば何でもできる!」
  • 好きな音楽:80年代~90年代の邦楽
  • 好きな場所:温泉地、暖かいところ(沖縄・奄美地方など)

グラフで見る『久富 輔 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート