荒川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(荒川区)―

陳 進陽 院長/陳内科クリニック(糖尿病)(町屋駅・内科)の院長紹介ページ

陳 進陽 院長

CHIN SHINYO

糖尿病の進行抑制と合併症予防に全力を尽くし
健常者と同じ日常を提供することが願い

日本医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学糖尿病センター、同大学付属病院東医療センター勤務を経て、荒川区・町屋に開業。現代病とも言われる糖尿病治療や合併症防止にあたり、近隣の患者様からも大きな信頼を得る。

陳 進陽 院長

陳 進陽 院長

陳内科クリニック(糖尿病)

荒川区/町屋/町屋駅

  • ●内科
  • ●代謝内科
  • ●糖尿病内科
  • ●呼吸器内科
  • ●循環器内科

患者様の全身を総合的に診療する内科医師を志す

陳 進陽 院長

内科医の道を志した理由は、患者様の全身を総合的に診断、治療できる分野に従事したいという気持ちが強かったからです。日本医科大学医学部卒業後は、本格的に糖尿病治療の道に進むため、東京女子医科大学糖尿病センターで多くの患者様を診療し、最先端の医療現場に立ち会ってきました。
その後、東京女子医科大学付属病院東医療センター勤務を経て、ここ荒川区・町屋に『陳内科クリニック』を開業しました。直近の勤務先であった東京女子医科大学付属病院東医療センターが近くにあり、必要に応じて緊密な連携をとれることは、当クリニックの特徴となっています。

千差万別な糖尿病治療に全力

陳 進陽 院長

東京メトロ千代田線・京成線「町屋駅」から徒歩1分、都電荒川線「町屋駅前駅」から徒歩1分の『陳内科クリニック』では、「糖尿病専門医」「内科専門医」による内科・循環器科クリニックとして地域に根差した医療を提供しています。来院される患者様の年齢層は非常に幅広く、交通が便利なこともあり、近くにお住まいの方だけではなく、他区からも多数の方が来院されています。
私の専門である糖尿病は、まったく症状がないため自覚しにくく、数年経ち、神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症などの合併症が起こってはじめて発覚することも多い病気です。糖尿病と一口に申しましても、その症状は千差万別。これまでの経験を生かし、専門の立場から1人ひとりに適切で質の高い治療を提供していきたいと考えています。また、糖尿病には循環器系の合併症が多いため、血管や心臓の疾患を対象とする循環器系疾患にも対応できるよう、大学から循環器の専門医師が外来をおこなっています。ほか、高血圧・高脂血症治療、メタボリックシンドロームなど糖尿病治療に関連した診察・治療も実施しているところです。

ライフスタイルのコントロールを助言

陳 進陽 院長

糖尿病治療において心がけていることは、患者様とコミュニケーションを深め、その方のライフスタイルを考慮しつつ、患者様に合った無理のない範囲で患者様に合った助言をおこなっていくことです。薬物療法はもちろんのこと、十分な睡眠、ウォーキングや散歩などの運動、食事等について提案をおこなっています。
糖尿病にとって、肥満は大敵です。糖尿病になる危険性は、運動不足や肥満によって飛躍的に高まります。定期的に運動をおこなう習慣をつけ、肥満にならないようにしていただくとともに、ご自身で肥満を自覚された場合は、チェックのためにもクリニックをご利用いただければと思います。

健康な人と同じような日常生活を提供できるように

残念なことですが、現在の医学でも糖尿病を完治させることはできません。だからこそ、合併症を予防することが重要になってきます。食事や運動の原則を守り、必要に応じて内服薬やインスリン注射の助けを借り、血糖を正常域に近づけることで合併症を防ぐことが可能になります。そしてなにより、早期に発見し、早期から治療をすることが最も望ましいことは言うまでもありません。
糖尿病という病気から完全に解放することは困難であっても、治療により、患者様に一般的な日常を提供することが、私の願いです。

これから受診される患者さんへ

私は医療の質を日々研鑽し、向上することはもちろんですが、患者様が通院しやすい利便性も大切だと感じています。利便性を高めるための1つの方法として、病院によっては完全予約制のところもありますが、当クリニックは完全予約制ではなく、この地域周辺の方々がいつでも来院できるような仕組みを採用しています。糖尿病に限らず、お身体のことで何か心配なことがありましたら、どうぞお気軽にご利用ください。

※上記記事は2017年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

陳 進陽 院長 MEMO

総合内科専門医 /糖尿病専門医

  • 出身地:北海道
  • 趣味:読書/経済系の新聞を購読しています。
  • 好きな映画:ミュージカル映画
  • 好きなアーティスト:イギリス歌手のアデル

グラフで見る『陳 進陽 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート