荒川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(荒川区)―

菅原 道孝 院長/菅原眼科クリニック(三ノ輪橋駅・眼科)の院長紹介ページ

菅原 道孝 院長

MICHITAKA SUGAHARA

眼精疲労から白内障の日帰り手術まで
目のまわりのトラブルに幅広く対応

順天堂大学卒業後、東邦大学医学部付属佐倉病院眼科に入局。研修後国内留学し、杏林大学でぶどう膜炎の臨床研究にも携わる。井上眼科病院入職後多数の症例を担当し医局長、副院長を経て、父が開設したクリニックを継承。

菅原 道孝 院長

菅原 道孝 院長

菅原眼科クリニック

荒川区/南千住/三ノ輪橋駅

  • ●眼科

眼科専門医ならではの知識と経験をもって、2代目院長に就任

菅原 道孝 院長

『菅原眼科クリニック』は今から35年ほど前、私が小学2年生のときに父が開設したクリニックです。「後を継ぐ」という感覚よりも、自然と医師をめざしていたように思います。そして、高校生になって自分の進路を決めるときに、医学部受験を決めたんです。
自分の専門分野に眼科を選んだのは、小さなお子さんからご高齢の方まで、幅広い年代の患者さんとお付き合いができること、目の病気を治療することによって患者さんの全身の健康に貢献できるという点にも魅力を感じました。眼科医となって東邦大学医学部付属佐倉病院で外来診療を担当するほか、ぶどう膜炎に関する知識を深めるため、杏林大学への国内留学もしました。その後、井上眼科病院でさらに症例を経験するとともに医局長・副院長を経て、2015年に当クリニックの院長として診療をはじめました。

目のトラブルに幅広く対応する、地域密着型のクリニック

菅原 道孝 院長

来院される患者さんは近隣にお住いの方が中心で、どちらかと言うとご高齢の方が多くいらっしゃるでしょうか。父の代から通ってくださる患者さんの中には、前院長の診察をご希望の方もいらっしゃいますけれど(笑)。私自身も眼科専門医として、地域のみなさまの目の健康をしっかり見守っていきたいと考えています。
当院では、結膜炎をはじめとした目のトラブル、花粉症などのアレルギー症状はもちろん、白内障の日帰り手術や硝子体注射治療など、さまざまな疾患に対応しています。とくに、加齢黄斑変性や糖尿病網膜症に対する硝子体注射は、数ヵ月に一度の継続治療が必要となる治療法ですが、こちらについても当クリニックで対応することが可能です。

常に患者さん目線で、わかりやすく丁寧な説明を心がける

菅原 道孝 院長

診察の際には患者さんの立場になって、丁寧にご説明することを心がけています。ご高齢の患者さんであれば、なるべく難しい言葉は使わずに、イラストなどをご覧いただきながら、目で見てわかりやすいようにお話をします。また、相手が小さなお子さんのときは、下の名前で呼んでみたり。子供たちと目線をあわせて話をするなど、なるべく怖がらせないように気をつけているつもりです(笑)。
一方で、若い世代や働き盛りの世代の方々は、スマホやパソコンで目を酷使するあまり、眼精疲労の症状を訴える方が多くいらっしゃいます。今後はそうした患者さんに向けて、点眼薬による対症療法だけでなく、他の治療にも取り組んでいきたいと考えています。

高品位な医療機器を備え、白内障の日帰り手術にも対応

私たちのような地域の中のクリニックは、患者さんにとっての最初の窓口です。そのため、患者さんの幅広いニーズに対応することはもちろん、見落としのない検査をして、症状を正しく診断することが大切になります。当院では、OCT(光干渉断層計)をはじめ高品位な医療機器を導入して正確な検査・診断に役立てているほか、必要な場合には他の医療機関と連携をはかりながら、患者さんお1人お1人を最善の医療につなげたいと考えています。
いずれの場合にも、患者さんとよくお話をして、なるべくご希望に沿った治療をしてさし上げたいと思っています。たとえば、水晶体が白く濁って見えづらくなる白内障は、それ自体が直接命にかかわる病気ではありません。ただし、日々の生活に支障をきたすようなレベルであれば、日帰りでの手術をおすすめすることになるでしょう。局所麻酔下でおこなう白内障の日帰り手術は実質20分程度で終了する安全性の高い手術です。眼鏡の度数を変えてみても何だか見えづらい、といったことがありましたら、ぜひご相談いただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『菅原眼科クリニック』は都電「三ノ輪橋駅」からすぐ、東京メトロ「三ノ輪駅」からも歩いて3分ほどの場所にあります。20人に1人が発症すると言われる緑内障は、まだ若いから安心、ということはありません。他の病気と同じように早期発見・早期治療が何より大切ですから、特定健診などを積極的に利用して、定期的に眼底検査を受けていただきたいと思います。
また、「ちょっと気になる」といったレベルの症状であっても、その裏に重大な疾患が隠れているケースがあるものです。ですから、どうか「こんなことで」と遠慮なさらずに、目のまわりに不調を感じることがありましたら、お気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2018年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

菅原 道孝 院長 MEMO

眼科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ランニング
  • 好きな本・愛読書:推理小説
  • 好きな映画:洋画
  • 好きな言葉・座右の銘:?
  • 好きな音楽・アーティスト:JAZZ
  • 好きな場所・観光地:温泉

グラフで見る『菅原 道孝 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート