荒川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(荒川区)―

福田 卓也 院長/西日暮里ペットクリニック(新三河島駅・犬)の院長紹介ページ

福田 卓也 院長

TAKUYA FUKUDA

地域のホームドクターとして、気軽に立ち寄れて何でも話せる病院づくりに尽力。

大学卒業後、動物病院に勤務し獣医としての実践経験を積む。2007年からは母校の付属動物病院にも籍を置き研鑽を積んだ後、西日暮里駅近くに開業。

福田 卓也 院長

福田 卓也 院長

西日暮里ペットクリニック

荒川区/西日暮里/新三河島駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●フェレット

動物に関わることのできる仕事がしたい。

福田 卓也 院長

子どもの頃から、ネコを拾ってきて育てるなど動物が好きで、その他にも自宅ではハムスターやインコ、カメなども飼っていました。高校3年生になり、進路について考えるようになったときにもやはり「動物に関わることのできる仕事がしたい」ということで、さほど迷うことなく獣医の道を選びました。正直なことを言うと、学生時代はずっと野球ばかりしていましたので、獣医以外の選択肢が特別思い浮かばなかったということもあるのですけれどね(笑)。
大学在籍時から、将来は開業することを視野に入れていましたが、獣医としての実践経験を積むために2004年に大学を卒業してから約7年間は都内の動物病院に勤務。2007年からは母校の付属動物病院にも籍を置いて、動物医療に関する知識と技術の更なる研鑽に努めました。
そして当院を開業したのは2011年。東日本大震災が発生した3月のことでした。当時を振り返ると、オープンに向けておおよその準備は整っていましたが、それでも物流機能が一部麻痺した影響で、たとえば必要な薬が揃わないなどの多少のトラブルはありました。そのような中、無事開院することができたのはやはり、関係者や地域の皆様のおかげだと、今もとても感謝しています。

一次診療から外科・泌尿器科の手術まで幅広く対応。

福田 卓也 院長

当院には、院長である私と妻の計2名の獣医が在籍。近隣にお住まいの飼い主様がどんなことでも気軽に相談・診察に訪れることのできる、地域密着型の「一次診療」の場を目指しており、その方針は、下町の雰囲気が好きで3年前にこの地で開業した当初からずっと変わっていません。ただし、ウサギ・フェレットの診療を受け持っていた妻が現在育児休暇中のため、その間は誠に申し訳ありませんが、診療対象動物はワンちゃん・ネコちゃんのみとさせていただいています。
場所柄もあると思いますが、当院に来るワンちゃん・ネコちゃんたちの大半はおうちの中で飼われている室内犬・室内猫。そのため、感染症の類に罹って来院する子はほとんどいません。その代わり、総じて寿命が延びていることもあって、老齢に伴う病気、たとえば腫瘍や心臓病で来院する子は増加傾向にあります。
また私自身、大学の動物病院に在籍していた頃には外科・泌尿器科を専門としていた関係で、手術のために来院するワンちゃん・ネコちゃんが多い点もまた当院の特徴のひとつと言えるかもしれません。

トリミング、ペットホテルは病気予防の一つとしてご利用いただきたい。

福田 卓也 院長

当院では、トリミングならびにペットホテルのサービスも提供させていただいています。ただし、ペットホテルのサービスに関しては大々的に行っているというよりは、クリニックをご利用いただいている患者様・飼い主様に対しての、あくまでも付随的なサービス。受け入れは、当院で健康状態や性格を既に把握していることが前提となっています。
一方、トリミングのサービスに関しては、未だクリニックをご利用いただいていない飼い主様であっても大歓迎。むしろ「動物病院は敷居が高くて入りにくい」と感じている方にこそ、来院するひとつのきっかけとして、ぜひご利用いただきたいと考えています。と言いますのも、当院でのトリミング時には、お預かりしたワンちゃん・ネコちゃんの簡単な健康チェックも併せて行いますので、病気や怪我の早期発見につながる可能性が高く、予防という観点からも大変有効です。病院併設のトリミングサロンということで獣医が常駐しているため、高齢や病気持ちのワンちゃん・ネコちゃんたちの受け入れも可能となっていますので、たとえば他のサロンで施術を断られてしまったようなケースでも遠慮なくご相談いただければと思います。

「ここに相談・診察に来て良かった」と思って頂ける医療を心がける。

獣医には、専門的な知識も経験もありますので、治療に関する自分なりの考えというのは当然あります。しかしだからと言って、それを飼い主様に対して押し付けるようなことがあってはいけません。治療法を決めるのはあくまでも飼い主様ご自身。たとえば最先端の治療を望まれる飼い主様もいらっしゃれば、症状を和らげてあげるだけで十分と考える飼い主様もいらっしゃいます。飼い主様が治療法を決めるにあたっての選択肢を、これまでに培ってきた経験と知識に基づいていくつか提示し、必要に応じて助言をして差し上げることが、獣医としてあるべき姿だと考えています。
もうひとつ私が獣医として大切にしていることは、飼い主様の精神面への配慮です。動物病院ですから、病気や怪我をしたワンちゃん・ネコちゃんたちの治療のために最善を尽くすのは当たり前。それに加えて、飼い主様も不安や悩みを抱えて来院されていることと思いますので、お帰りの際には「ここに相談・診察に来て良かった」と思って帰っていただけるように心がけています。

これから受診される患者さんへ。

ワンちゃん・ネコちゃんの場合、症状が目に見える形で表われ始めたときには既に、病気が末期的な状態にまで進行してしまっていることも珍しくありません。その意味でも早期発見・早期治療が大事になってくるわけですが、一般の方ではなかなか病気の兆候を発見しにくいのも事実。そこで日頃から動物病院に通う、それが難しい場合には、動物病院併設のサロンに通うなどして、定期的にワンちゃん・ネコちゃんの健康をチェックしてもらうようにしていただければと思います。
当院としましても、地域の皆様が気軽に来院できて、どんなことでも気軽に相談できる、そんな動物病院を目指して、スタッフ一同、これからも努力してまいりたいと思っていますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

※上記記事は2014年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

福田 卓也 院長 MEMO

  • 出身地:兵庫県
  • 趣味・特技:野球
  • 好きな本:和田竜の本
  • 好きな言葉:一期一会
  • 好きな音楽:コブクロ
  • 好きな場所:沖縄

グラフで見る『福田 卓也 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート