荒川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(荒川区)―

野上 友輔 院長 & 三枝獣医師/のがみ動物病院(赤土小学校前駅・犬)の院長紹介ページ

野上 友輔 院長 & 三枝獣医師

NOGAMI YUSUKE & MIE

次もここに来たいと思っていただけるようなアットホームで入りやすいクリニックを目指す。

大学卒業後、勤務医の経験を経て、日暮里・舎人ライナー「赤土小学校前」駅近くに小動物専門のクリニックを開業

野上 友輔 院長 & 三枝獣医師

野上 友輔 院長 & 三枝獣医師

のがみ動物病院

荒川区/東尾久/赤土小学校前駅

  • ●犬
  • ●猫

好きなのに飼えないことが、に動物への興味をり掻き立てた。

野上 友輔 院長 & 三枝獣医師

【野上 友輔 院長】
小さい頃から動物が大好きだったのですが、ペットを飼えない住宅環境だったため、獣医になるまではワンちゃん・ネコちゃんを飼ったことはなかったんです。その「好きなのに飼えない」ことが、逆に動物への興味をより掻き立てたように思います。当時、よくテレビなどで紹介されていた動物たちの習性や厳しい自然界で生き残るためのさまざまな工夫など、幼い頃に受けた感動や衝撃からますます興味が高まりました。小学生のときには「動物に関わる仕事がしたい!」と思うようになっていましたね。その夢を持ち続けて、獣医を目指すようになったのです。
そんな経緯があったため、子供時代はワンちゃん・ネコちゃんに限らず、動物全般にすごく興味がありましたが、大学に行ってからはワンちゃん・ネコちゃんなど小動物についての勉強も専門に行いました。大学卒業後、勤務医の経験を経て、今から15年前にワンちゃん・ネコちゃんの小動物専門のクリニックとして開業し現在に至ります。

一次診療をはじめ、しつけ教室やトリミングにも対応。

野上 友輔 院長 & 三枝獣医師

【野上 友輔 院長】
当院は、比較的一次診療が多いですね。なにかいつもと違う様子だったり、心配なことがある場合には、まずは一度お越しいただき診せて下さいというスタンスです。その上で、例えば歯科、整形外科、眼科、神経科など、もっと専門的な高度な医療を必要とする場合やもう少し詳しい検査を受けたいというご希望があれば、信頼のおける専門医をご紹介しています。

また僕自身、現在眼科診療を勉強中です。ワンちゃん・ネコちゃんを診察に連れてこられたとき、まず最初に目を見ることが多いのです。そのアイコンタクトの際に目の様子がおかしいなど早いうちに気づくことができると、その後の診療にも役立つことが多々あります。もちろん一見したところ肉眼では見えない眼の病気などもありますので、より専門的に診られるよう知識を蓄えているところです。

【三枝獣医師】
診療のほかに、しつけ教室やトリミングも行っています。初めてワンちゃんを飼われる場合、かわいがりすぎてワンちゃんが1番になってしまう飼い主さんも多いかと思います。「このままじゃマズイかな・・・」と不安を感じたときはぜひご相談ください。動物との共存の仕方や食べ物のこと、排泄物のことなど、さまざまなアドバイスをさせていただきます。
また、当院ではトータルな管理を目標としてトリミングも行っております。トリマーさんは体の色々なところに触れたり細かい部分までチェックしていますので、ときには皮膚病が見つかったり、ちょっとした体の異状に気づいたりすることがありますね。トリミング中に具合が悪くなってしまった場合もすぐに対応できるので飼い主さんにとっても安心してご利用いただけると思います。

飼い主さんがペットの病気を理解できるよう心がける。

野上 友輔 院長 & 三枝獣医師

【野上 友輔 院長】
ワンちゃん・ネコちゃんとは直接会話ができませんから、まず飼い主さんの観察していることをしっかり聞いたうえで、実際にその子の様子を見て判断しています。その際、飼い主さんには本などを使って、できるだけ実際に目で見てもらい、現在の症状と可能性が考えられる診断をわかりやすく説明して理解してもらうように努めています。

とくに心がけているのは、飼い主さんに病気のことをきちんと理解してもらうこと。例えば、「先生にお任せします」「わたしはよくわからないので」というのはあまり良くないことと感じています。やはり、飼っている以上は「自分の子にいま何が起きているのか」をきちんと理解して、どんな治療方法があるのかを知っておく責任と義務がある。その上で治療をどう受けてもらうか・・・僕たちの仕事はそれをどこまでお助けできるかだと思うんです。そして、できるだけ話を聞いて、不安を取り除いて、アドバイスしてあげることですね。

負担の少ない最善な治療方法をご提案。

【野上 友輔 院長】
よく言うのは、最終的な決定権は飼い主さんにあるんですよ、ということです。治療法のメニューを飼い主さんに提示して、いくつかの選択肢のなかから飼い主さんができる範囲の選択をしてもらう。飼い主さんにもいろいろなご都合があるので、そのなかでご自分ができる範囲の治療を選択してもらえればいいなと思っています。
ワンちゃん、ネコちゃん、そして飼い主さんがなるべく負担にならないような最善な治療方法をじっくりと相談しながら決めていきます。

私たち獣医師は、自分たちの持っている知識や技術から可能な限りの精一杯の努力をしていくことが大事と考えています。
なにか不安なことや心配ごとなどありましたら、まずは早めに診せて下さいね。と普段からアドバイスさせていただいております。

これから受診される患者さんへ。

【野上 友輔 院長】
ぜひ、定期的に健診にいらしてください。現在は飼育環境も良くなっていますし、一昔前に比べると飼い主さんのペットに対する関心もとても高くなっています。予防をきちんとされている方が多く、そのお陰で動物たちも長生きになっていますよね。ただ長生きな分、高齢化による病気も増えたので、なにかがあってからではなく定期的に来ていただければと思います。

【三枝獣医師】
「病院」というとどうしても敷居が高いと思われる方もいらっしゃいますが、健康なうちから健診やトリミングなど1〜2カ月に1度でも来ていただければ、今日はちょっと顔つきが違うな、と分かったりすることもあります。それによくお顔を見ていると、こちらも愛着が湧いてかわいくなるんですよね。ワンちゃんが喜んで入ってきてくれるととても嬉しいものです。よく来る子は半分“うちの子”みたいな気分になるんですが、でもやっぱりワンちゃんは飼い主さんが一番なので、終わったらスッと帰っていってしまいますね(笑)。

【院長・獣医師】
スタッフ同士はもちろん、飼い主さんとのコミュニケーション、接客をとても大切にしています。日頃のコミュニケーションから信頼関係が生まれますし、なるべく遠慮せずに来ていただけるといいなと思います。次もここに来たいと思っていただけるよう、院内は常に清潔にして、アットホームで入りやすいクリニックでありたいと思っています。

※上記記事は2014年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

野上 友輔 院長 & 三枝獣医師 MEMO

  • 出身地:[院長]東京都 [獣医師]愛知県
  • 趣味・特技:[院長]ゴルフ、サッカー [獣医師]ゴルフ、海外ドラマDVD鑑賞
  • 好きな映画:[院長]『るろうに剣心』 [獣医師]『ミッション:インポッシブル』
  • 好きな言葉:[院長]努力 [獣医師]為せば成る
  • 好きなアーティスト:[院長]きゃりーぱみゅぱみゅ [獣医師]嵐
  • 好きな観光地:[院長・獣医師]ハワイ

グラフで見る『野上 友輔 院長 & 三枝獣医師』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート