東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(荒川区)―

江里口 雅 院長/江里口歯科(南千住駅・歯科)の院長紹介ページ

江里口 雅 院長

MASASHI ERIGUCHI

江里口 雅 院長

江里口 雅 院長

江里口歯科

荒川区/南千住/南千住駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科

歯科医師の家系に生まれ育ち、進路は自然に。

江里口 雅 院長

代々、歯科の家系なのです。祖父も父も叔父もみな歯科医師であり、加えて私の母も歯科衛生士としてこの世界に携わってきました。その姿を小さな時から見続けていたことが大きかったのでしょう。進路を決める際には誰に言われることもなく、自然とこの道を選んでいたという次第です。
2012年に歯科・小児歯科・歯科口腔外科の『江里口歯科』を開院致しました。JR常磐線・東京メトロ日比谷線「南千住駅」に近いこの場所ではもともと私の祖父が60年近く歯科医院を営んでいました。私は大学を卒業後、大学院で専門の勉強をし、その後は父のもと(台東区『江里口歯科医院』)で診療をおこなってきました。その間、祖父のもとに通っていらした患者さんから、「是非、再開してもらいたい」というお声を多く頂戴しました。その期待に添えるよう出来る限りのことをしていきたいと思っています。

すべての方が笑顔でお帰りいただけるように。

江里口 雅 院長

外観からして「和」を意識した造りになっています。診療室も格子を取り入れるなど、ところどころ和のテイストを加味しつつ、全体として明るく開放的な空間になっているのではと思っています。歯医者さんっぽさをなくした感じでしょうか。それもあってか、当初は地域の方に、なかなか歯医者さんと思っていただけないという思わぬ悩みも生じていました(苦笑)。どうも和菓子屋さんと勘違いされていたようですね。
当院では患者さんにリラックスして治療を受けていただくべく努力をしていきたいと考えています。咬める義歯、歯周病の予防処置、審美、インプラント等お口の中に関するお悩みはいつでもご相談いただきたいと思っています。小さなお子さんからご年配の方まで、すべての方が笑顔でお帰りいただけるようにしていきたいですね。

骨や神経の構造を熟知したプロが、最適な選択肢を提示。

江里口 雅 院長

最もよく知られたケースとして親不知の抜歯があります。もちろん、一般歯科医院の設備で出来る範囲の限界はありますが、それでも大方のケースにおいて大学に送ることなく、当院での処置が可能と考えています。
歯科口腔外科では手術はもちろんのこと、入院患者さんの術後の全身管理も重要な仕事です。例えば「血が止まりづらい」「心臓に持病がある」というような患者さんへの対応において、私の経験が役に立てるものと考えています。
一般歯科と口腔外科。その両方を経験させていただいた身として思うことは、外科はその難しさを実感として知っているということかもしれません。骨の構造や神経の構造を熟知しているからこそ、例えばインプラント等でも決して無理なことをしようとは思いません。難しさを知り、身の程を知った上で、その方にとって最適な治療の選択肢を提示出来るものと考えています。

予防歯科への意識向上に日々取り組む。

お口全体の管理は諸外国に比べて日本が著しく劣っている部分かもしれません。例えば南米はブラジルにおいても、人々の矯正治療への意識に関して言えば日本より進んでいたりするのです。それからスウェーデンなどの北欧諸国の予防意識は、日本のそれと比べて次元が違う感じがあります。歯医者さんの数自体はコンビニエンスストアよりも多いと言われているのに、お口だけを見てみれば、「日本には歯医者がいないのか?」と揶揄されるほどなのです。
祖父がここで歯科医院を営んでいた頃は、むし歯や義歯の患者さんの治療がほとんどで、予防に関しての意識が薄い時代でした。当初から通院されている患者さんにも予防の大切さを、私に出来る範囲で皆さんに説明をさせていただいてる最中です。まだ道半ばというところですが、定期検診に来てくださる方も徐々に増えてきています。実際、クリーニングをしてみると思いのほか気持ちの良いものなんですよね。少しずつ、少しずつ、進めていければと考えています。

これから受診される患者さんへ。

『江里口歯科』では第一にインフォームドコンセントを大切にしています。会話の中、また治療中にも患者さんのちょっとした対応で思わぬことがわかることもあります。そこを見逃さない様に気を配っています。そしてやはり普段から歯科医院をご利用いただくに越したことはありません。早い段階であればそもそも痛みの伴う治療をせずに済む事も多いんです。最終的な費用の面を考えても合理的です。
今でも和菓子屋さんと間違われることもありますが(笑)、本質的にはそのような気軽な気持ちでいらしていただくのが一番だと思っています。実際、祖父の代からいらしてる方には、スタッフと2、30分お話をして帰られる方もいらっしゃいます。最新の治療を手掛けていきたいと思っていますが、同時に、昔ながらの空気感も大事にしていきたいですね。

※上記記事は2014.07に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

江里口 雅 院長 MEMO

  • 生年月日:1976年3月16日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:AB型
  • 趣味・特技:テニス、フットサル、ボルダリング
  • 好きな本:推理小説
  • 好きな映画:ジブリ映画
  • 座右の銘もしくは好きな言葉:
  • 好きな音楽:クラシック
  • 好きな観光地:軽井沢、伊豆

グラフで見る『江里口 雅 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート