東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 獣医師(荒川区)―

高野 洋史 院長/たかのペットクリニック(その他・犬)の院長紹介ページ

高野 洋史 院長

HIROFUMI TAKANO

高野 洋史 院長

高野 洋史 院長

たかのペットクリニック

荒川区/足立区綾瀬3-7-5 Mロード1F/綾瀬駅

  • ●犬
  • ●猫

この道に至るきっかけと、これまでの経緯をお聞かせください。

高野 洋史 院長

積極的な理由でこの道を選んだのではない、というのが正直なところですね。僕は小さい頃から動物や自然が好きでしたから、選択肢の1つとして獣医師という道があったということなんです。
ですから、実際に大学を卒業して入った世界というのは、もう未知の世界であり、地獄のような世界でした(苦笑)。ハッキリ言えばなめていたんだと思います。もっと簡単なものだろうと……。仕事自体の内容も量も非常に厳しい。さらに、その責任の重さたるや……飼い主さんはどなたも当時の私が想像する以上に、動物達に強い思い入れを持たれていました。現実を見て、様々な人の助力を得て、どうにかこうにか皆さんの期待に応えていけるようになったと考えています。

『たかのペットクリニック』の診療方針についてお話しください。

高野 洋史 院長

"病気だけを診る"ような診療はしない。それはつまり、動物はもちろん、連れてくる飼い主さんを診るということです。「やっぱりこんなことはしたくない」「とことんやってもらいたい」 飼い主さんのニーズはそれぞれ異なります。となれば、1つの病気に対して出していく答えは、飼い主さんの数だけ何通りもあることになる。ああいう治療もある、こういうのもある。でもあなたにはこの治療が良い、というのを見出していく。特別に意識してそうしているわけではなく、普段からの付き合いの中で自然とそうなっているんだと思っています。
ここには、病気になってから来る方は少ないんです。その代わり、1ヶ月に1回を目処に皆さん、健診にいらっしゃっています。僕は耳掃除や爪切りをしてあげながら、飼い主さんと色んなことを話すんです。中には、ワンちゃんの診察に来ていながら、ああだこうだ、全くワンちゃんに関係ない話をして帰られる方もいますよ(笑)。でもね、それがウチの良いところなのかもしれない。お互い気心が知れてるから、飼い主さんは言いたいことを僕に言える。そういう空気なんですよ。
僕はね、自分のことを動物の修理屋さんくらいにしか思ってません。獣医さんじゃない。偉くもない。その姿勢だからこそ、皆さんも僕に様々なことをたずねてくれるんだと思っています。

ご自身、30匹もの動物達を飼っておられるそうですね?

高野 洋史 院長

毎日毎日、朝の6時から飼っている動物達の世話を始めます。飼い主さんは365日、散歩もしてごはんもあげて、四六時中気に掛けてるわけです。獣医さんの多くはこの気持ちを理解出来てないんじゃないでしょうか。僕自身、ここで開院するまで動物を直接飼う機会がなかったもので、その部分についてずっと劣等感のようなものを感じていました。
実際飼ってみるとわかります。一匹一匹、まるで違う。プードルだからみんな一緒とか、オスだからみんな一緒とか、そんな括りはありません。人間と一緒で、その子その子で性格からなにから特徴がある。同じ治療をしたとしても、全てが同じ跳ね返りがくるわけでもないんですね。だからこそ、普段から見ている必要があると思うんです。
飼い主さんの立場になってみればわかることなんだけども、飼い主さんが今日といったら今日なんですよ。こちらの都合なんて関係ない。だって自分の大事な患者さんなんだから自分が守ってあげないと。飼い主さんは自分に託してきてるわけだから、その気持ちに応えなきゃだめなんだと思っています。

先生にとってのやりがいを教えてください。

自分の子供には継がせたくないよね、この仕事は(苦笑)。僕はね、実は若い頃に弟を亡くしてるんです。だから自分に関する限り、弟の分まで頑張らなきゃいけないというのがある。だから、つらくても頑張っていられるのかもしれない。それから、僕も仕事バカだけど、僕の父は僕に輪をかけたような人なんです。そういう父親の背中を見てきちゃってるもんだから、他の生き方なんて出来ないし、第一わかんないんですよ。朝から晩までみっちりやらないと生きた気がしない。まあ、ほとんど病気ですよね(笑)。

最後に地域の皆様にメッセージをお願い致します。

僕は、一生懸命動物を可愛がっている飼い主さんの姿を見ているのが好きなんです。だからこそ、僕も、「一生懸命やってあげよう」という気持ちがある。飼い主さんとは、言いたいことを何でも話せるような関係でいたいし、このクリニックを、笑顔で来て、笑顔で帰れるところにしたいと思っています。

※上記記事は2014.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

高野 洋史 院長 MEMO

  • 生年月日:1969年9月23日
  • 出身地:静岡県
  • 血液型:B型
  • 趣味・特技:釣り、ドライブ
  • 好きな映画:相棒
  • 好きな言葉・座右の銘:バカは努力するしかない
  • 好きな場所・観光地:箱根、日光

グラフで見る『高野 洋史 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート