荒川区ドクターズ | 病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(荒川区)―

渡邉 憲一郎 院長

KENICHIRO WATANABE

口腔がんなどの発見や判断の難しい分野にも精通。命を守る歯科医療を展開。

鶴見大学歯学部卒業後、大学病院では口腔がんの治療を専門に行う。同時に、インプラントの経験も積み専門医に。平成18年、町屋駅すぐそばに開業。

渡邉 憲一郎 院長

渡邉 憲一郎 院長

マークスタワーデンタルクリニック

荒川区/荒川/町屋駅

  • 歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科

一貫して口腔外科専門に研鑽を重ねた日々。

渡邉 憲一郎 院長

父も、そして亡くなった祖父も共に歯科医師だったということが大きかったように思います。当時は自宅に歯科医院がありましたから、小さい頃から父や祖父の診療している姿を見て育ちました。誰にいわれることもなく、ごく自然にこの道を選んでいたというのが本当のところだと思います。 私は鶴見大学歯学部を卒業後、一貫して口腔外科という分野に携わってきました。この科を専攻したのは、父や祖父と違う分野を極めたいというのが1つ。もう1つは、この分野が命を預かる仕事であるという認識にありました。
大学病院では口腔がんの治療を専門にしていました。がんの手術は部位を除いて終わりというものではありません。そのあとにお顔を作ったり、失われた骨を移植するという過程も含まれてきます。実は私がインプラントと出会ったのもその治療の一貫でした。事故や病気でお顔の一部を失った方に対しては一旦、仮のお顔を作る必要が出てきますが、その固定のためにインプラントを使用していたのです。振り返ってみれば、その時の経験が今の私を形作っていると言えるかと思います。
平成18年(2006年)に、都電荒川線・京成本線・千代田線「町屋駅」より徒歩1分の非常にアクセスの良い当地に、歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科の『マークスタワーデンタルクリニック』を開院し、早いもので9年目を迎えようとしています。皆様と共に歩む、地域に密着したホームドクターとして、笑顔あふれるクリニックでありたいと考えています。

口腔がん発見経験も多数。命をも守る歯科診療。

渡邉 憲一郎 院長

例えれば小さな大学病院といったところでしょうか。私自身、(公社)日本口腔インプラント学会専門医でありますが、矯正、義歯、審美歯科など、各学会において認定された専門医がその分野ごとの強みを活かす形での診療をおこなっています。また、その専門性を持ち寄ることで、難症例の患者さんに対しても的確な診療をおこなっていくことが可能です。
口腔外科というものについて、皆様はどのようなイメージをお持ちでしょうか。「親不知を抜く」ということから、「何でも抜いちゃう」というような乱暴なイメージをお持ちかもしれません。「抜く」ことに長けているということは、逆に言えば「残せるか残せないか」の判断に長けているということでもあります。外科的な処置も含め、口腔外科の知識や技術を駆使し、出来る限り歯を残していけるように力を尽くしていきたいと考えています。
また、口腔外科出身であるということは、がんの発見にも一日の長があります。通常、一般の歯科医師は口腔がんを見つけるのは一生に1度あるかないかと言われていますが、開業して8年が経過した時点で、私は7組の患者さんのがんを見つけています。数多くの症例を見切ってきたからこそ、この数になるのであって、命を守るという考えに基づいて、その点は自負していいところだと思っています。

医学的に最良の治療と、患者様に適した治療は異なることも。

渡邉 憲一郎 院長

地域柄もあるかと思いますが、小さなお子さんからご年配の方まで幅広いというのが特徴ですね。当然、歯科治療に求められるものは千差万別なわけであり、当クリニックではその方その方のニーズに合わせた治療をおこなっています。医学的に見て最も良いと考えられる治療が、どなたにとっても最良の治療とは限りません。考えられる全ての治療のメリットとデメリットを説明した上で、その方にとって最善のチョイスが出来るようにしていければと考えています。

歯周病菌や虫歯菌等に有効な「ペリオウェイブ」とは。

ペリオウェイブとは、レーザー治療の一種であり、光線力学療法と呼ばれるものです。口腔内には良い菌もいれば、人にとって悪い菌も存在します。その悪い菌をバイオジェルと呼ばれる染色液で染めあげ、その部分にレーザーを照射することで歯周病菌や虫歯菌等を死滅させるのがペリオウェイブです。外科的な深い侵襲を避け、健康的な歯周組織を回復することが可能です。
歯磨きをきちんとされているにもかかわらず、体質により歯垢がたまりやすかったり、歯ぐきの腫れやすい方がいらっしゃいます。現在検討している段階ですが、今後はこのペリオウェイブをメンテナンス等に役立てていければと考えています。

これから受診される患者さんへ。

口腔外科は患者さんの全身管理が求められる科でしたから、お口以外の有病者の方の治療もおこなっていました。全身疾患があってなかなか歯医者さんに掛かれないという方は是非一度ご相談ください。その思いに報いれるよう、出来る限りのことをさせていただきます。
歯を守るのに特別なことをする必要はありません。大切なのは、出来ることを普通におこなっていくこと。もちろん、日々同じことがおこなえないからこそ歯が悪くなるのであって、その難しさは重々承知しています。普段通りにクリーニングをしていただき、定期的なメンテナンスをしていただく。皆様と一緒に、普通のことが続けていけるよう、力の限りサポートをさせていただきたいと考えています。

※上記記事は2014.7に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

渡邉 憲一郎 院長 MEMO

  • 生年月日:1977年3月4日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:O型
  • 趣味・特技:スポーツ全般(ゴルフ、スキー、スノーボード、マリンスポーツ)
  • 愛読書・本:ビジネス書籍 / アーネスト・ヘミングウェイ
  • 好きな映画:ノンフィクション
  • 好きな言葉・座右の銘:継続は力なり
  • 好きな音楽・アーティスト:洋楽全般
  • 好きな場所・観光地:フランス

グラフで見る『渡邉 憲一郎 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート