東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(荒川区)―

水川 悟 副院長/水川歯科医院(日暮里駅・歯科)の院長紹介ページ

水川 悟 副院長

SATORU MIZUKAWA

マイクロスコ―プの視界を患者様と共有。何よりも「歯を残す」ことにこだわる。

日本歯科大学歯学部卒業後、同大学補綴学教室第一講座へ入局し、幅広く研鑽を積んだのち、複数のクリニックを開院する。日暮里駅近くにある当院では、自由治療専門医として勤務。

水川 悟 副院長

水川 悟 副院長

水川歯科医院

荒川区/東日暮里/日暮里駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科

口腔機能全体を診る「補綴歯科」を専門に。

水川 悟 副院長

院長である父は補綴(ほてつ)歯科を専門に日本大学松戸歯学部の教授を務めた人物で、祖父はこの場所で小児科医院を営んでいました。そうした環境で育ったものですから、私が医療の道を志したのも、ごく自然なことだったと思います。
日本歯科大学歯学部に学び、卒業後は日本歯科大学補綴学教室第一講座へ入局しました。医科でいえば患者さんの全身を診る「内科」と同じように、口腔機能全体について診療するのが「補綴歯科」。虫歯の治療はもちろんのこと、噛み合わせや審美的な面も含めて幅広く研鑽を積みました。

必ず原因を発見する解決力を自由診療で実現。

水川 悟 副院長

当院は、JRをはじめとした各線が通る「日暮里駅」から歩いて2分ほどの場所にあり、自由診療を中心に診療を行っています。患者さんお1人に1時間~1時間半ほどの時間をお取りして、完全予約制かつ完全プライベートな空間で、質の高い歯科医療をご提供しています。
来院される患者さんは地域にお住いの方のほか、インターネットなどで検索されていらっしゃる患者さんも多いですね。他院で治療を続けながらも症状が改善されないという方、歯の神経を取るしかないと言われてしまった方など。さまざまお悩みに対して当院は、必ず原因を見つけ出して解決することをお約束します。自由診療となる当院での歯科治療に価値を見出し、ご満足いただけるように。患部を拡大して診療できるマイクロスコープをはじめとした設備面の充実はもちろん、私自身さらにレベルアップを図ることで、一つひとつの症例にベストを尽くしています。

何よりも「歯を残す」ことにとことんこだわる。

水川 悟 副院長

当院では、何よりも「歯を残す」ことにこだわって診療をしています。自由診療で、マイクロスコープを使用した治療を実践しているわけですが、それらはすべて患者さんの大切な歯や神経を守るため。歯科治療における「やり直し」をゼロにするため、じっくりと時間をかけて精密・確実な治療を行っています。精密な治療とは、歯にぴったりと合って、きちんと噛むことができる、それゆえに長期にわたって不具合の生じない治療のこと。被せ物に隙間があったために虫歯が進んでしまったり、被せ物が欠けたり取れたりといったことを繰り返しては大切な歯を失うばかりですから、長持ちする素材や技術で治療をする必要があるのです。
もちろん私は歯科のプロとして、最もよいと思われるアドバイスをさし上げますが、生涯にわたって大切な歯を守るため、患者さんの側にも正しい知識をもっていただきたいと思います。

正確な診査・診断・治療は、マイクロスコープあってこそ。

歯科治療にマイクロスコープを使用する一番のメリットは、肉眼では見ることのできない細部までをしっかり確認できるということにあります。拡大鏡よりもさらにハッキリと、患部を20倍程度にまで拡大して確認できるマイクロスコープは、治療する側の歯科医師はもちろん、患者さんにとっても非常に大きなメリットがあるものです。歯科医師の側からすると、見えなかったものが見えることで正確な診査・診断が可能になり、隙間を作らず噛み合わせにも配慮した、クオリティの高い治療を行うことができます。
一方で患者さんは、「何をされているのか分からない」ために生じる不安や恐怖が解消することで、安心して治療を受けてくださいます。当院ではマイクロスコ―プの治療に際して、患者さんにはヘッドマウントディスプレイというメガネ型の装置をつけていただき、私が見ているのと同じ状況を共有しながら治療を進めていきます。こうすることで患者さんご自身が今の状態を正しく理解する助けになり、みなさんが納得して歯科治療に取り組んでくださっています。

これから受診される患者さんへ。

日本の保険制度は戦後の混乱期に整備されたものだけに、現代人のニーズをカバーするには無理が生じてきたように思います。保険制度のおかげで世界標準の歯科医療を安価に受けられているものと満足し、保険が適用されない自由診療は「高いもの」だと考える方も少なくないでしょう。
たしかに、保険診療に比べると自由診療の費用は高額に感じるかもしれません。でも、その理由はどこにあるのか、ご存知の方がどれほどいらっしゃるでしょうか?ご自分の体のためにどんな歯科素材を使ったらいいのか、きちんと噛めるようにするにはどうしたらいいか。虫歯を繰り返さないためには、どんな治療が必要なのか。ご自分のお口の中のこと、体のことについて知識を深め、後悔しない歯科治療を受けていただきたいと思います。
近いから、早いから、と安易に歯科医院を選ぶのではなく、恋人を探すようにじっくりと(笑)。相性のよい歯科医院を見つけ、真に価値ある歯科治療によってお口の健康を守っていただきたいと思います。

※上記記事は2016.6に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

水川 悟 副院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ドライブ
  • 好きな作家:村上春樹、宮本輝
  • 好きな映画:スター・ウォーズ
  • 好きな言葉:世の中の大事なことは、すべて面倒なことです。
  • 好きなアーティスト:ビートルズ、Misia
  • 好きな場所・観光地:伊勢、イギリス

グラフで見る『水川 悟 副院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート